4月16日(火)、今治高等学院の入学式に招待され行ってきました。

 

卒業式とはがらっと雰囲気が違っており、笑いの多い式でした。

 

ここの学校は普通の高校では体験できない、ユニークな経験を多く積むことが出来ます。

 

世間一般の常識内での活動ではないので、良い意味で常識を超えた考え方や、思考や創造力を養うことが出来ます。

 

将来生きていく上での強い人間力を身につけるためのヒントが沢山用意されています。

 

ヒントはあるけど、どーでもいいようなルールは無いので、本来持っている力・潜在能力を見いだせる場であると思っています。

 

そんな高校に入学された生徒さんは幸せだと思います。

 

そしてそこに関われる私も幸せ者です。

 

在校生代表の挨拶をされた、京哉君の話には心を打たれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校を「村」だと表現していました。その言葉がこの学校の全てを表しているようで・・・。

 

私は、彼の感じること、考えること、行動、その全てが大好きです。そんな彼を育てている先生方、親御さんを尊敬します。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に