夏休みを利用して、シンガポールのプライベートスクール’Lewin’を訪問してきました。

 

今秋より、シンガポールのプライベートスクールと本格的な交流が始まります。

このスクール(Lewin)は、シンガポールで一番大きなプライベートスクールです。子ども達はおもに英語を学習していますが、その他にも社会的なことや自然科学などワールドワイドな学習を行っています。

シンガポールは、70%以上が中国系移民の他民族国家ですので、公用語が英語とはいえ街中では、中国語やマレー語、タミル語などが飛び交い、英語は数年前までシングリッシュ(シンガポール訛り)と呼ばれるほど訛りがありました。ここ数年、英語教育に対して政府がかなり力を注いでいるそうで、シンガポールの英語は、かなりレベルアップしたようです。

このスクールでは、子ども達それぞれの母語は禁止シングリッシュも認めないという徹底ぶりです。先生陣も生徒も皆、奇麗な英語を話していました。

*11月には、Lewinの先生がEnglish Houseを訪問されます。

*来年度よりEnglish Houseの生徒専用クラスを設け、サマースクールを予定しています。                           (親子での参加OK!/シンガポール観光付き)

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に