託児【ほいく】

10月29日, 快晴

 

 

 

 

 

とってもいいお天気!託児ROOMの子どもたちは畑仕事!?遊び♪

 

明るい太陽、暖かいそよ風、高く青い空、遠くにキラキラ広がる海、

 

 

そんな幸せに触れながら、実った野菜を収穫!

 

畑をめーいっぱい走りまわり、靴も服もドロだらけ!

 

そんなことは気にしない!むしろもっと汚そうと企んでいる様子の子どもたち。

 

さつま芋・なす・ピーマン・トマト・とうがらし・ねぎ。。。いっぱい採れたね~!

 

 

お仕事の後は、腹ごしらえ!

 

ゆったり流れる幸せの時のなかで、小さな笑顔達は満足そうにおにぎりをほおばり、

 

そして、うとうと。。。。。

 

さあ、お家帰ろっ!

 

疲れたね、おやすみzzzzz

夏休みもあとわずか・・・

 

幼稚園が夏休みの間通ってくれてる、とってもカワイイ女の子(*^_^*)さきちゃん!彼女と過ごせるのはあと・・・4日間だけ(>_<)

 

今朝、彼女のママから嬉しいお話をききました♪

 

さきちゃんは夏休み終わってもピヨピヨに行きたい~って!!!嬉しいっ(^◇^)

 

彼女は可愛いだけではなく、頭もいい!Turn right, leftも一回で覚えて、発音も超ーいい!

 

恥ずかしがり屋の女の子だけど、今ではセドリック先生とも慣れて、Hello!から始まり、一緒におやつを食べたり、楽しそうにお話しています。

 

そんなさきちゃん、今日はフラワーアレンジに挑戦しました。

 

 

 

 

 

センスあり☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3時のおやつには、みんなの分を取り分け、お洒落にデコレートしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は何を作ろうね~!?(^-^)

 

2011年12月30日に愛媛新聞に掲載された、「発達障がい居場所つくる」の記事を見て、

 

ダンボクラブ事務局長の田中さん、ぷちすてっぷ理事の安原さん、ママコレの近藤さん達が、

 

英語を通して発達障がい者を支援するという、今までにない可能性を秘めた新しいやり方を

 

行っている託児所ピヨピヨの取り組みに興味を持ち、それぞれの団体の代表が、2月26日(日)、

 

託児所ピヨピヨに集まり話し合いました。

 

 

そこで、今後互いに協力し合い、各団体のスキルアップを図るとともに、情報交換、

 

今後のそれぞれの特徴を活かした連携体制を構築し、発達障がい者の支援をしていく

 

とともに、一人で悩む親御さん達の相談、心のケアを充実させ、

 

また、我々の活動をもっと広く知ってもらい、気軽に利用してもらえる策などを話し合いました。

 

そして、音楽療法・美術療法に加えて、英語療法もアリ!では!?といった意見を頂き、

 

嬉しく思いました。

 

音楽も芸術も世界共通のもの。英語も世界語!音楽の響きにも似たリズムを持つ英語、

 

結論から始まる英文法、これらは、子どもや発達障がい者には馴染みやすく、

 

理解し易いのではと考えています。

 

これからも自信を持って英語指導に取り組んでいこうと、決意を新たにできました。

 

 

 

今後のそれぞれの団体がコラボした企画、楽しみにしていてください。♪(^-^)

ページ上部に