It’s a Valentain’s Day today.

 

今日2月14日は、バレンタインデー♪

 

日本では、主に女性が男性にチョコを贈って愛を告白するというイベントになっていますが、最近では女性は友達同士で贈り合ったり、身近な人に義理チョコを贈ったりしていますね。

 

外国(欧米)でのバレンタインはどんなのでしょう?

 

欧米では、バレンタインデーは「恋人たちのための日」というものであって、クリスマスなど他の記念日と同じようなイベントになっています。贈り物も女性から男性へ、というわけでははく、男性から女性もあり、また家族間であったりもします。

 

そして、贈り物もチョコやお菓子と決まっているわけではありません。お花だったり、カードだったり、色々な物がプレゼントとして贈られています。

 

もちろん、日本のような「義理チョコ」という習慣はないので、贈り物は親しい人だけに渡されます。

 

当然ですが、3月14日、ホワイトデーなんて日は無いです!(^v^)

 

 

 

今日あなたは誰にチョコを贈りますか?

 

 

Have a wonderful Valentain’s Day!

      Story Book

―Record a Story シリーズ―

 

 

お待たせしました!遂にママ達待望の「読んでくれる本」が入荷いたしました!アメリカで大人気の“Record a Story Book”はページをめくると音楽が流れ、文章を読んでくれる画期的な絵本です。

それだけではなく、録音機能が付いているので、絵本+αの楽しみ方が出来るんです。

例えば…お子様がネイティブの朗読後にリピートして録音すれば、自分の英語を聞くことができ、発音のチェックにもオススメです。

ママやお子様の“今の声”を将来に残しておく…なんていうのもステキかもしれませんね☆

 

こんな方達にオススメ♪

 

 

♪ 英語絵本を子どもに読み聞かせたいけど英語苦手という方。

 ⇊

♪ ネイティブの朗読だから正しい発音で聞くことが出来ます!

 

 

♪ 忙しくて子どもになかなか読み聞かせが出来ない方。

♪ ページをめくるだけで音楽と朗読が流れるので、お子様だけでも楽しめます!

 

 

 

♪ お子様やお母様自身の今の声を残しておきたい方。

 

♪ 録音機能が付いているので、朗読をリピートしたり、単語を言ったり、メッセージを吹き込んだりと“今の声”を保存することが出来ます!

 

 

♪ 離れて暮らす家族や友だち等、お子様に頻繁に会うことが出来ない方。

♪ 録音機能を使って離れて暮らす家族の朗読やメッセージを聞くことが出来ます!

 

 

 色々なお話の絵本をご用意しております。是非お越し頂き、お手にとってお楽しみください。

 

レッスンで、生徒達にこう質問!

 

“When were bandages invented?” すると、

 

「え~!?ゆでたまご?何歳か知らん!」

 

 

いやいや、坂東 エイジ、じゃないし。。。発明されてないし。。。

 

 

あと、”a tedybear” と言うと、「あ、テレビや~!」と、大爆笑!!!

 

無邪気に笑う子どもたちに交じって、私も(^◇^)♪

あ~!楽しいな~♪

子ども達に質問しました。「何が幸せ?」

 

1位 ”My birthday makes me happy.” 「誕生日」

 

2位 ”Christmas makes me happy.”   「クリスマス」

 

3位 ”Everything makes me happy.”  「全部!」

 

 

注目すべきは第3位! 子どもは、毎日、全てのことを幸せだと感じているようです。毎日不平不満を抱えながら生きてくなんて、つまらない!目に映るもの、肌に感じるもの、日々起こる出来事を純粋に受け入れ、それらをHappyだと感じる。なんて素敵なことなんだろう!子どもは「無邪気」、まさに邪気が無いんです。子ども達のキラキラ輝く瞳で見る世界は、大人たちとは少し!?だいぶ?!違っているのでしょうかね?(^v^)

 

全てを「幸せ」として受け入れてみようと思います。

 

「小さな幸せに気付かない人は、大きな幸せにも気付くことが出来ない。」と、私の尊敬する方が言っていました。

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

さぁ、2012年がスタートしました!みなさんは、今年の抱負、目標はもうたてましたか?何人かの生徒さんは、年賀状で自分たちの目標を宣言していました。

 

「初めての英検に挑戦します!」

 

「英語をもっと頑張ります!」

 

「英検2級に合格します!」

 

「短期留学に行ってみたい!」 などなど・・・。

 

みんな素晴らしいですね。私も見習わないと!ということで、子ども達の影響を受け、私も今年の目標を決めました。

 

「生徒達が頑張って貯めているポイント(PMS)を、私も自分自身に取り入れ、今年中に120ポイント達成を目指します!」

 

PMSについてはこちらをご覧ください

 

どうゆうことかと言うと、毎回のレッスンの評価を生徒達にしてもらい、楽しかったり、満足してもらえたら、私がポイントを貰える、ということです。レッスンの最後に”How was the lesson, today?”と聞き、”It was great.”や”It was fun.” ”I had lots of fun!” などと言ってもらえれば成功です。このような嬉しい答えが聞けるよう、毎回張り切ってレッスンに挑みます。

 

今後も、生徒達と共に成長していきたいです。

1 5 6 7 8

ページ上部に